川崎エリアの相続手続・遺言書作成を徹底サポート 川崎で相続のご相談は

  1. HOME
  2. 基礎知識
  3. 相続放棄と限定承認
  4. 相続放棄と限定承認のQ&A

相続放棄と限定承認のQ&A

相続放棄・限定承認について、みなさまからいただいたご質問をまとめました。

 

相続放棄・限定承認について

Q1:亡くなった夫に借金があり、相続をしたくない場合はどうすればいいですか?

 A1:相続放棄、又は限定承認という方法があります。相続放棄は、最初から相続人では
   なかったとみなされますので、当然債務を弁済する義務から解放されます。

   限定承認は、相続した財産の範囲でのみ債務を弁済し、仮に財産が残った場合にの
   み、その財産を相続するという制度です。

   共に、相続開始から3ヶ月の間に家庭裁判所に申し立てなければなりません。
   限定承
認を申し立てる場合には、相続人全員でする必要があります。

   また、一度放棄や限定承認の申し立てをしてしまうと、原則撤回は出来ませんの
   で、事前に十分調査する必要があります。

 

Q2:被相続人の生存中に相続放棄をできますか?

 A2:相続放棄は、被相続人の死亡後でなければ、手続をすることができません。

 

Q3:被相続人が死亡してから3ヶ月以上経過してしまったのですが、相続放棄はできま
  すか?

 A3:相続放棄は「被相続人の死亡後、自分が相続人になったことを知った時から」3ヶ
   月以内にしなければなりません。その条件を満たしていれば、3ヶ月以上経過して
   も、相続放棄可能です。

 

   ただし、自分が相続人であることを知っていても相続財産の状況を詳しく認識してい
   なかった場合は、「被相続人の死亡後、自分が相続人になったことを知った時から」
   3ヶ月を過ぎていても相続放棄できる場合があります。

 

   相続財産の詳細な認識をした時から3ヶ月以内にすればよいとする判例により相続
   放棄が可能な場合がありますので、3ヶ月を超えてしまっている方は、今すぐ当セン
   ターへご相談ください。

 

Q4:被相続人の不動産を売却してしまったのですが、相続放棄できますか?

 A4:相続財産を相続人が処分してしまった場合、相続放棄ができなくなります。不動産
   は重要な相続財産ですので、相続放棄が認められなくなる可能性が高いでしょう。

 

   しかし、後から予期しない高額な負債(借金)が判明した場合など、相当の理由があ
   れば認められる可能性もあります。

 

Q5:被相続人の預貯金を葬式代に使用してしまったのですが、相続放棄できますか?

 A5:相当の範囲内での使用であれば相続放棄の障害にはなりません。不相当に豪華な
   葬儀を行った場合等は「相続財産の処分行為」とみなされますので注意が必要です。

 

Q6:被相続人の使用していた日用品を処分してしまったのですが、相続放棄できます
  か?

 A6:日用品などの一般的に資産価値がない相続財産に関しては、処分してしまっても相
   続放棄の障害にはなりません。

 

Q7:相続放棄した場合、被相続人の預貯金はどうなりますか?

 A7:相続放棄の結果として誰も相続する人がいなくなった場合、利害関係人等の請求
   により相続財産管理人が選任されて国庫に帰属するか又はそのまま10年経過すると
   時効によって金融機関のものとなります。

 

Q8:相続放棄した場合、被相続人の不動産はどうなりますか?

 A8:相続放棄の結果として誰も相続する人がいなくなった場合、利害関係人等の請求
   により相続財産管理人が選任されて国のものになります。

 

Q9:相続放棄した場合、生命保険金は受け取れないのですか?

 A9:相続放棄した相続人でも保険金の受取人に指定されている場合はそのまま受け取
   ることができます。生命保険金は被相続人が生前に持っていた財産ではないので相続
   財産には含まれないからです。

 

Q10:相続放棄の手続き中に、金融機関から支払の請求された場合はどうすればいいで
   すか?又、相続放棄の手続き後に、相続放棄が完了したことを、金融機関に知らせ
   る必要はありますか?

 A10:相続放棄の手続き中なので支払うつもりがないことを伝えましょう。
    相続放棄の完了を金融機関に知らせる義務はありませんが、支払の請求をされた
    くない場合は相続放棄の手続きが完了したことを伝えましょう。

 

Q11:相続放棄の手続き中に、他の相続人から遺産分割の書類に署名押印をするように言
   われた場合はどうすればいいですか?

 A11:相続放棄の手続き中なので協力できないことを伝えましょう。遺産分割協議に参
    加する事は「相続財産の処分行為」にあたりますので、応じてしまうと相続放棄が
    認められなくなる可能性がありますので、ご注意ください。

 

Q12:相続放棄が取り消される場合はありますか?

 A12:相続放棄の手続きが完了した後で、相続財産を隠したり、処分したりすると相続
    放棄取り消しの対象になります。

 

Q13:相続放棄を撤回することはできますか?

 A13:相続放棄の手続きが完了した後で、相続放棄を撤回することはできません。
    しかし、騙されて相続放棄をした場合や脅されて相続放棄をした場合等の一定の事
    由がある場合、相続放棄を取り消すことができます。

 

Q14:夫が多額の借金を抱えて無くなりました。相続放棄をしたいと思いますが,生命保
   険金の受取人が、妻である私になっています。相続放棄をすると,生命保険金は受
   け取れなくなるのでしょうか。
   また,生命保険金を受け取ってしまうと,相続放棄ができなくなるのでしょう
   か。教えて下さい。

A14:受取人が被相続人以外であるならば,生命保険金を受け取っても,相続放棄には影響
   がありません。相続放棄後に生命保険金を受け取ることもできます。

 

    何故そうなるかと言うと、受取人が,亡くなった方以外の者に指定されている場合,
   生命保険契約は,第三者のためにする(民法537条)保険契約ということになり,指
   定された者が固有の権利として生命保険金を受け取ることができます。したがって,
   相続放棄があっても生命保険金は受け取れます。

 

   また,生命保険金は相続財産に含まれませんから,生命保険金を受領しても,相続財
   産を処分したことにはならず、相続放棄が可能です。

 

   但し,生命保険金の受取人が亡くなった方となっている場合,生命保険金は相続財
   産となり,これを受け取ると相続放棄ができなくなりますので,ご注意下さい(相続
   放棄をすると受け取れません。)。

 

Q15:財産もあるけど借金もあり、プラスだかマイナスだか解らない。宝石もあるが価
   値か解らないけど、近くに鑑定してもらえるところがないから時間がかかりそう
   です。こんな状況では3ヶ月ではとても終わりそうにありません。こうした場合は
   どうしたらいいのでしょうか?

 A15:3ヶ月の期間は、裁判所に言えば伸ばしてもらえます。伸ばしてもらう理由などに
    もよりますが、プラス3ヶ月ぐらい伸ばしてもらえることが多いですね。伸ばして
    もらったけれども、結局プラスマイナスよく解らない場合には、限定承認という方
    法もあります。これは、プラスの財産の限度でマイナスを返済する方法です。

 

    例えば、プラスの財産が200万円でマイナスの財産が100万円の場合、まずは
    100万円を返します。すると、100万円残ります(実は100万円も残らないのです
    が、それについては後で書きます)。このまま、マイナスが出てこなければとても
    ラッキー。

 

    しかし、もしかすると1000万円の借金が出てくるかも知れません。そんな時
    でも、1000万円全部ではなく、残った100万円だけ返せば大丈夫という制度で
    す。

 

    ただ、あまり使われません。理由は、相続人全員でしなければならない,時間が
    かかる、手間がかかる、お金がかかる(専門家への報酬等)といったものです。

 

    解りやすくするために、上の例では差し引きプラス100万円にしましたが、そこ
    から専門家の報酬などが予想以上に持っていかれたりします。

 

Q16:父が亡くなって3ヶ月たってから、借金の請求が来て、その時点で父に借金がある
   ことを知りました。こんな時は、もう相続放棄は無理なのでしょうか?

 A16:場合によっては、まだ可能です。正確には、亡くなってから3ヶ月ではなく、亡
    くなって相続が始まったことを知ってから3ヶ月です。
    ですから、「請求が来て初めて借金の存在を知りました。」と主張していくこと
    が重要になるでしょう。

 

    その場合、普通に申し立てても無理ですから、裁判官の目を引く文章も一緒に出
    すべきです。また,その際の請求書の消印のある封筒等は,捨てずに保管しておい
    てください。何よりも有力な証拠です。

 

    ただ、相続放棄のチャンスは事実上一回限りですから、相当な自信がない限り
    は、専門家に書いてもらうべきかとは思います。

 

Q17:相続放棄をした場合、遺族年金は受け取れますか?

 A17:相続放棄を申し立てても、故人の遺族年金を受給することは可能です。
    なぜなら、遺族年金は、あなたが故人の遺族であると言う資格に基づき支給されるもの
    です。

    遺族年金は、相続財産ではありませんので、相続放棄をするか否かに関係なく、あなた
    は故人の遺族であ
るという地位に基づき遺族年金を受け取ることが可能です。

 

Q18:相続放棄したあとの財産の管理義務はどうなるのですか?

 A18:相続放棄を行ったとしても、そのあと、次順位の相続人が財産を管理できるようにな
    るまでは、相続
放棄した人が相続財産を管理しなければなりません。

    ですから、相続放棄した人は、自分が相続放棄を申立てたことを次順位の相続人に通知
    する
のが通常です。

    要するに相続放棄した人は、早く次の相続人に通知して相続財産の管理を引き継げる状
    態を
作らなければ、相続財産は自分のものにならないのに管理義務だけが残されてしま
    います。

    そして、相続人がだれもいなくなった最後の相続人は、相続財産管理人に財産の管理を
    引き継ぐ
ことになります。

 

Q19:相続放棄した後の残された財産はどうなるのですか?

 A19:故人の相続人になる全員が相続放棄を行って、誰も相続人がいなくなってしまうこと
    があります。
この様な場合は、故人の財産は家庭裁判所が選任した相続財産管理人に
    よって管理されます。

    相続財産管理人は、相続財産から債権者に弁済を行い、それでも財産が残った場合は、
    故人の
財産は国庫に帰属する宿命になります。

 

Q20:相続放棄を申立ててトラブルになる場合はありますか?

 A20:相続放棄をしてはいけない場合もあります。

    大半は、相続放棄への理解が不足し利用方法を誤った結果、起こってしまいます。

    例えば、遺産分割協議を行って解決するべきであるのに、相続放棄を誤って申し立てて
    いる事例
などが最も多いトラブルでしょうか。

    場合によっては、相続放棄することで次順位の相続人が権利を有してしまい、帰って相
    続トラブル
を引き起こすことがあります。

    この様な事態になっても、もうどうしようもありません。

    ご自身で判断される前に、是非、当センターへご相談ください

 

Q21:相続放棄をすると次順位の相続人に迷惑を掛けませんか?

 A21:故人に債務や引き継ぎたくない負の遺産があって、相続放棄をする場合、あなたが相
    続放棄する
のであれば、結果としてあなたの相続放棄後は次の順位の相続人が故人の負
    債や義務を相続す
ることになります。

    しかし、あなたが相続放棄した後にあなたが相続放棄した旨を次順位の相続人に報告し
    てあげれ
ば、あとは次の順位の相続人が相続放棄することで次順位の相続人の不利益は
    回避されます。

    相続放棄したあなたとすれば、自分の相続放棄の後、きちんと状況を正確に次順位の相
    続人に
報告と説明をしてあげることが大切です。

 

Q22:相続人に未成年の子供がいる場合は、どのように相続放棄するのですか?

 A22:相続人の中に未成年の子供がいる場合は、原則として親権者が相続放棄の手続きを行
    います。
ただしこの場合、親権者と未成年の子供は同時に相続放棄を申立ててなければ
    なりません。

    もし、未成年者だけを相続放棄させたいのであれば、親権者は子供を代理して申し立て
    ることは
できません。子供の特別代理人の選任を改めて家庭裁判所に申立てて、子供の
    特別代理人が
未成年者の相続放棄の手続きを行います。

    ようするには、子供だけを相続放棄させて、親権者が相続財産を取得することは、家庭
    裁判所と
しては容易に認めることはできないということでしょう。

 

Q23:自分で相続放棄を申立てて裁判所から却下されました。やり直すことはできますか?

 A23:残念ですが、相続放棄を申立てて何らかの事情で却下された場合、再度申し立てるこ
    とは難しい
と言わざるを得ません。

    原則として、申し立てのチャンスは1回であると考えなければなりません。相続放棄を
    すると言うこと
は故人に負債があったり、相続を回避する何らかの事情があるでしょう
    から失敗するわけにはいき
ません。失敗するということは、故人の相続を受け入れると
    こになるのですから。

 

    このような残念な結果にならない為にも、まずは、当センターへご相談ください。
    一回の相談が一生の安心につながることになると思います。

 

「相続放棄と限定承認」関連記事

相続・遺言に関するご相談は川崎相続遺言相談センターへどうぞ!

jimusho0002.jpg cost0003.jpg soudan0001.jpg