川崎エリアの相続手続・遺言書作成を徹底サポート 川崎で相続のご相談は

  1. HOME
  2. 基礎知識
  3. 成年後見
  4. 後見の事例

後見の事例集

 

ケース1:成年後見 

本人は5年ほど前から物忘れがひどくなり、勤務先の直属の部下を見ても誰かわからなくなるなど、次第に社会生活を送ることができなくなっていました。

また、日常生活においても、家族の判別がつかなくなるなど、その症状は重くなる一方で回復の見込みはなく、2年前から入院していました。 

ある日、本人の弟が突然事故死してしまい、遺産分割協議をすることになりました。しかし、本人に判断能力がないため、それもできず、本人の妻が困っていました。 

 

この例では、妻が後見開始の審判の申立てをしました。 

これまでも妻が本人の財産の管理や入院時の契約などを事実上行ってきたことから、妻が成年後見人に選任され、遺産分割の手続ができるようになりました。 

 

 

ケース2:保佐

本人は1年前に夫を亡くしてから一人暮らしをしていました。 

以前から物忘れが見られましたが、最近症状が進み、買い物の際に1万円札を出したのか、5千円札を出したのか、わからなくなるようなことも多くなってきました。このように日常生活に支障が出てきたため、長男家族と同居することになりました。 

隣の県に住む長男は、本人が住んでいる自宅が老朽化しているため、この際、本人の土地、建物を売りたいと考えています。 

 

この例では、長男が保佐開始の審判の申立てをし、あわせて土地と建物を売却することについて、代理権付与の審判の申立てをしました。 

その結果、長男が保佐人に選任され、家庭裁判所から居住用不動産の処分についての許可の審判を受け、本人の自宅を売却する手続を進めることができました。 

 

 

ケース3:補助

本人は長男と二人暮しでしたが、ここのところ、米を研がずに炊いてしまうなど、家事の失敗がみられるようになってきました。 

また、最近では、長男が日中仕事で留守の間に、訪問 販売員から必要のない高額の呉服を何枚も購入してしまったりして、長男が困っていました。 

 

この例では、長男が補助開始の審判の申立てをし、あわせて訪問販売による契約の締結について、同意権付与の審判の申立てをしました。 

その結果、長男が補助人に選任され、同意権が与えられることになり、本人が長男に断りなく訪問販売による契約を締結してしまった場合には、長男がその契約を取り消すことができるようになりました。 

 
 

「成年後見」関連記事

相続・遺言に関するご相談は川崎相続遺言相談センターへどうぞ!

jimusho0002.jpg cost0003.jpg soudan0001.jpg