川崎エリアの相続手続・遺言書作成を徹底サポート 川崎で相続のご相談は

  1. HOME
  2. 基礎知識
  3. 事例集
  4. 遺言書はあったけれど・・・

遺言書はあったけれど・・・

【ご相談内容

最初は祖母が逝去し遺言書が出てきたとして、祖母の相続登記のご依頼としてご来所。

ところがお話を詳しく伺うと、土地は10年前に亡くなっていた祖父が持ち、建物は一昨年に亡くなったご依頼者様のご母堂が所有権の一部を持っている事が判明。

最初の祖母の相続登記から依頼内容が大幅に変わってきました。

 

【経緯~結果

当初想定していた祖母からの単純な相続登記から、祖父から一度亡くなったご母堂を経由して相続人である孫(甲)への相続登記と、ご母堂から相続人である子供(甲)への相続登記となり、しかも遺言書が使用できなくなったため全相続人との遺産分割協議が必要になりました。

更に戸籍謄本等を取得する範囲も大幅に増え、相続人の費用の面からも大変な負担を強いる結果となりました。

また、古い権利証等を全て持ち込んで頂いたところ、離島の土地の権利証を発見。

最終的にそれらの土地の権利は相続発生前に全て処分されていることが判明したものの、当事者ですら判然としない不動産というものが実際にある事を実感しました。

 

相続登記をせずに放置した結果、二次相続が始まり複雑になった例に当たると思います。

 

「事例集」関連記事

相続・遺言に関するご相談は川崎相続遺言相談センターへどうぞ!

jimusho0002.jpg cost0003.jpg soudan0001.jpg